歯列矯正・矯正治療

歯列矯正とは

歯はただ生えていることだけではなく、正しく噛めることに意味があります。また、美しい歯列はこころまで豊かにする場合があります。不正な歯列では正しく噛むことが出来ない場合があるだけでなく、歯周病やむし歯になりやすいなど様々なマイナスの影響が出る場合もあります。美しい歯並び、歯列の矯正をご希望の方は、しろくまデンタルクリニックまでご相談ください。

歯列矯正のメリット・デメリット

歯列矯正は、正しい噛み合わせや美しい歯並びを目指す方には適した治療ですが、メリットもあればデメリットもあります。ここでは代表的なメリット、デメリットを列挙してみました。


不正な歯列とは

歯並びが悪いことを「不正な歯列」「歯列不正」などといいます。それを改善する歯列矯正を希望される患者様は、その多くが「歯並びが悪いので見た目を良くしたい」という理由で治療を希望されます。実は不正な歯列では、見た目だけでなく様々な問題点が存在している場合があります。

プラークコントロールが正しい歯並びの場合よりも難しくなりがちである

不正な歯列の場合、歯ブラシの届きにくい部分があったり、プラークコントロールがしにくくなります。そのためプラークがたまりやすくなるため、むし歯や歯周病のリスクが高くなりがちです。

食べ物が噛みにくいケースがある

不正な歯列の場合、歯と歯が正しく当たらないことにより。食べ物を嚙み切ったり、すり潰すといった機能が低下している場合があります。

歯や顎に余計なストレスがかかりやすい

不正な歯列の場合、歯に無理な力が加わって、その結果、特定の部分がすり減ってしまう(咬耗)ことがあります。また、歯だけでなく顎の関節にも影響が出て、顎関節症になる場合もあります。

不正な歯列の主な種類


歯列矯正の方法

歯列矯正には様々な方法がありますがここでは、代表的な方法をご紹介させて頂きます。

マルチブラケットシステム(MBS)

マルチブラケットシステム(MBS)は、歯にブラケットと呼ばれる装置を接着して、ワイヤーを通し、歯にごく小さな力をかけて、すこしづつ動かしていく矯正治療の方法で、昔からある最もオーソドックスで、治療法も確立されています。取り外しができない固定式のため、常に一定の力を歯にかけることができるので効率よく治療できます。歯一本一本、細かい微調整が可能なため、歯並びを精密にコントロールしていくことが可能です。現在は、目立ちにくい透明なブラケットや、白いブラケットなどもあります。

リンガルアーチ

リンガルアーチは、歯の裏側に沿ったアーチにスプリングをつけて、スプリングの弾力によって歯を目的の方向へ動かします。また、奥歯の位置固定や、拡大後の後戻り防止装置としても使用されます。

保定について

保定

⻭を正しい位置に動かした後、それまで使用していた矯正装置は外します。しかし、これで矯正治療が終了ではなく、「仕上げ」として「保定」をします。歯列矯正治療直後は、歯はまだ⾻にがっちりとは植⽴していません。歯が動いた場合、⻭周靭帯という組織が新しい歯の位置に順応していくのに数ヵ⽉の期間が必要になります。この⻭周靭帯が歯の新しい位置に順応していない時期では、何もしないでいると、歯周靭帯が⻭を元々あった位置に引っ張ってしまい、⻭の位置が元にどんどん戻ってしまいます。

リテーナー

この「後戻り」を防ぎ、新しい、正しい噛み合わせを保つために、一定の期間、後戻りを抑える治療が必要となります。このことを「保定」といいます。保定のために「リテーナー」という保定装置を、矯正装置を取り外した後、すぐに装着します。

一般的なリスクと副作用

・矯正中違和感を感じる場合がありますが、まもなく慣れる場合が多いです。
・矯正中は発音しづらいことがあります。
・一般的なワイヤー矯正は、歯の表面に器具を装着するため、矯正をしていることがわかるというリスクがあります。
・矯正治療中に装置が当たることで頬の内側に傷がついたり、口内炎になったり、歯の移動に伴う痛みを感じることもあります。
・矯正装置を装着した直後や、ワイヤーを交換した直後に痛みを感じることがありますが、数日でおさまる場合が多いです。
・矯正中、わずかですが歯根吸収が起こることがあります。